書評を書きました

呼吸器内科医としてご高名な倉原優先生の著書「その呼吸器診療 本当に必要ですか? あるのかないのかエビデンス」について書評を書かせていただきました。このような機会をいただいた倉原優先生に感謝申し上げます。忙しすぎて学会に行けない先生方も、この本を読んだら知識の整理、アップデートができる名著だと思います。
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03324_06
表紙、デザインも素敵です

写真の説明はありません。

Follow me!

コメントを書く